プラセンタ バストアップ

バストアップもお肌も健康も!女性を美しくするイソフラボン

女性なら誰しもが一度は【イソフラボン】という名前を聞いたことがあるのではないでしょうか。

大豆に多く含まれているイソフラボンは、バストアップに効果があるとして有名になりましたが、それはどうしてでしょう。

バストアップには乳腺の発達が不可欠なのですが、この乳腺は女性ホルモンの【エストロゲン】が活発になって始めて成長します。エストロゲンには乳腺細胞の増殖を促す働きがあります。ですから、思春期に入ってホルモン分泌が活発になった少女の胸は、次第に丸みを帯び始めるようになるのです。

このエストロゲンに似た働きをするのが、イソフラボンなのです。イソフラボンを摂取することで女性ホルモンの分泌と同様の効果が期待出来るため、バストアップへと繋がるというわけです。

イソフラボンのすごいところは、エストロゲンが不足している状態で摂取すると、エストロゲンを補う役目を果たしてくれます。さらにすごいところは、エストロゲンg過剰な状態になっている状態で摂取すると、抗エストロゲンとして働くようになり、女性ホルモンの適正量に保てる状態を作り出してくれるのです。

イソフラボンはヒアルロン酸とコラーゲンを結びつけるためにも一役買うため、艶やかな肌や髪質、ハリのあるバストをサポートしたりと、美容効果がある上、美白効果まであるので、女性にとって嬉しい成分なのです。その効果が認知されたため、近年では化粧品や脱毛ローションなどにも使用されるようになりました。

しかも、健康面でもイソフラボンは大活躍です!

骨粗鬆症や更年期障害など、女性が年齢を重ねると悩むようなことに対しても有効に働くといわれています。

また、動脈硬化や癌に対する有効性も認められてきているため、さまざまな分野から注目されているのがイソフラボンなのです。

イソフラボンは自然界に存在する成分のため、副作用の心配もないとされています。

ホルモンは作用が強いものなのですが、そのホルモンに近い働きをするイソフラボンは、機能にさほど大きな違いがないにも関わらず、作用が穏やかなのです。

このように、大豆に含まれるイソフラボンは、女性を美容面から健康面まで、余すことなくサポートしてくれるありがたい成分なのです。

キレイに健康的にバストアップをしたいなら!

バストアップに効果を発揮し、美肌・美白効果も促し、さらには健康面までサポートしてくれるイソフラボンを生活習慣の一部にしていきましょう。

もちろん、バランスのいい食生活を保つことも、美バストへの秘訣ですよ。

自然なバストアップを目指すなら!食品で健康的美バスト女子になろう

ブラパットとか、バストアップブラとか、豊胸とか…とにかくそういう「つくる」タイプの胸じゃなくって。自分自身の胸を大きくしたい!

そういう人は多いでしょう。

「だって、逆の意味で脱いだらすごいとか嫌だし…」

「あとあとバレちゃうし。その時の事を考えると、どうしたらいいかわからないから怖いもん」

まあ、いろいろと意見はあると思いますが、好きな人にあとからがっかりされちゃうのって、すごく哀しいし、後ろめたい気持ちになる人だっていますものね。

こういう人たちは、別に即席のボリュームアップが悪いとか、豊胸がいけないとか思っているんじゃなくて、単純に「バレた時」が怖くて出来ないんですよね。

バストのサイズがすべてじゃないってのもわかっている。けどやっぱり、女性らしいラインでファッションを楽しみたいし、好きな人の前でだって堂々と胸を張っていたい。

う〜ん、乙女心は複雑です。

となると、それはもう、バストケアマッサージやエクササイズを魂込めてやってもらうしかありませんが、そこで大切なことは食生活にも目を向けること。

いくらマッサージをしていても、バストの成長の妨げになるような食生活はNGです。

では、バストアップしたい人の食生活ってどんなふうにしていけばいいのでしょう。

代表的なのは大豆食品。イソフラボンがエストロゲンという女性ホルモンに近い働きをします。

キャベツもそう。キャベツに含まれるボロンという成分が、エストロゲンそのものをを活性化してくれます。このボロンという成分はキャベツ以外ですと、桃、梨、葡萄に含まれています。また、わかめやとろろ昆布などの海藻類にも含まれていることがわかっています。

また、鶏肉や牛肉、豚肉、魚介などの動物性タンパク質も大切です。特に、鶏肉の皮の部分や手羽先には、良質な脂肪やコラーゲンがたくさん含まれていて、バストが豊かな女性はこの部位を好んで食べている人が多いといわれています。

大豆などの植物性タンパク質と動物性タンパク質・魚介タンパク質はバランスよく摂ることが大切です。また、うなぎや牡蠣も、バストアップに効果がある食材です。

これらの食材の中からどれかに偏るのではなく、食事の際にバランスよく食材を取り入れ、継続して摂取するように心掛けることで、栄養バランスを保ちつつ、バストアップにも繋がる生活習慣が自然と身につくようになります。

また、食生活と同時に睡眠や適度な運動などの生活習慣、バストケアマッサージやエクササイズなどにも取り組むことで、バストアップのための食生活はより効果を発揮します。

健康的に快適に、心身ともに美しくいられるようなバストアップライフを過ごしましょう。

ヌーブラでバストアップは可能?知りたい!ヌーブラ事情の本当のトコ

バストアップしたい!

でも正直なところ、いかにも矯正下着みたいなものを着けたくないし、ファッション重視で日常を過ごしたい。

確かに、矯正下着系統のものって、どうしても布面積が広めなので、日常的に着用すると、ファッションが限られてくる感じがありますよね。

「あ、そうだ!ヌーブラってどう?アレって谷間メイクが出来るんだから、バストアプできるんじゃないの!?」

ヌーブラ、ですか…

確かにヌーブラは「寄せて上げて」な谷間メイクは出来ます。初期のものに比べると、格段にその能力は上がっています。

しかしながら、当然肩ひもがないので上方へ持ち上げる「引き上げ力」が0%ですし、アンダー部分にベルトがあるわけでもないので「持ち上げ力」も0%。

本当に、内側に寄せて上げているだけなのです。ですから、ヌーブラには美バスト育成の能力はなにも備わっていないのです。

しかも、ヌーブラはバストアップどころか、日常的に使用していると、バストが逆に垂れてくる可能性が浮上します。

「うそぉ!?」

だって、先程申し上げましたでしょ?「引き上げ力」も「持ち上げ力」も0%だと。

あのヌーブラは、洋服を美しく着こなすためだけに作られた、ファッション重視に特化したブラジャーなのです。

日頃安定感のあるブラを着用している人なら、ヌーブラを着けた瞬間に不安を感じたはず。

「こんなんで、本当に大丈夫なのっ?」

「外れる心配しなくていい分、着けない方がまだいいんじゃないのっ?」

滅多なことで外れはしないのですが、そう思わせるくらい、支える力がないのがヌーブラなのです。

着ける服がピタッとしていて、そこそこの圧力を感じるタイプの素材なら、なんとか気にせずにいられるかも知れないけれど、ダボダボな胸開きファッションの場合なんて、不慣れな人からは冷や汗ものです。

谷間メイクが出来る=バストアップ効果がある!は間違った法則です。

よくよくみると、ヌーブラの場合、谷間があるのにバストの位置が微妙に低いこともしばしば…

《中央を引き上げるようにして着用すれば持ち上がります》なんてパッケージに表記されたものをみたこともありますが、そんな事したら、谷間を意識したデザインの服が着れません。これまた結局、ファッションが限られるわけです。

どうしてもファッションを気にして、それでもバストアップ捨てられない人は!

見せてもいいタイプのブラや、ホールド力があってブラが内蔵されているぴったりタイプのキャミソールなどに切り替えるだけでも、ヌーブラよりは効果があります。出来るだけ、毎日のバストケアマッサージなども心掛けましょう。

バストがある程度整って、ブラなしでも多少維持出来る形になったら、一日くらいヌーブラでいてもまあ、大丈夫でしょう。

とにかく、毎日ヌーブラ着用状態ででバストアップしようなどという考えは、この場でポイッと捨ててしまって下さいね。

気になる!美容大国・韓国のバストアップ法ってどんなものがあるの?

美肌、美髪、整形などと美の追求に対してには飽くなき探究心と貪欲さを発揮する、美容大国・韓国。

美しい韓国女優や華やかな韓国歌手に憧れる日本女性も多いでしょう。

そんな韓国女性たちは、整形なんて当たり前。

ブスはいじめられて当然、ブスでいるなら死んだ方がマシ。

そんな風潮さえあるといわれるような社会で育つのですから、それはもう、美容に取り組むのなんて、生活習慣として当然のことなのでしょう。

スタイルにしたってそう。

豊かなボディラインにすらりとした脚線美。それを維持するには、バストアップにだって余念はないはず!

そうなると気になるのは、韓国のバストアップ事情。

韓国の女性たちの間では、どんなバストアップ法が支持されているのでしょうか?

【Bust Beauty】と呼ばれるバストアップ機器こそ、韓国女性たちに支持されるバストアップアイテム。

韓国美容業界の第一人者といわれる博士に寄って開発された、最強のバストアップアイテムといわれているものです。

エステで実際に使用されている赤色光線によるバストトリートメント機能と電流周波によるバスト構造に刺激を与えるというもの。

赤色光線の周波も電流の周波も、長年の研究でバストケアにもっとも最適だとされるレベルに調整されています。それを使用して、たったの10分でケア出来るものだから、その人気の絶大さは想像出来ますよね?

愛用者の中には韓国芸能人も多いとか。

バストアップしたい女性なら、エステサロンでのケアが自宅で出来るのであれば、ぜひ使用したい逸品です。

また、韓国発のマッサージで【骨気(コルギ)】と呼ばれるものがあります。

その名の通り、直接骨格に働きかけるため、即効性が高いマッサージです。

こちらも美を追求する人のためのマッサージで、その中にもバストアップやバストを美しく保つためのマッサージがあります。

どちらもすでに日本へ進出していて、購入もマッサージを受けることも可能です。

あの美容大国で人気の美バスト法なら、1度試してみるのもアリでしょう。

セクシーに着こなしたい、そんな時!コルセットで作れる大きなバスト

憧れの彼との初デート、パーティや披露宴へのお呼ばれ。

さまざまなシーンでの特別な日。

露出が多かろうが少なかろうが、スタイルを良く見せたい。

セクシーなファッションにチャレンジしたいお呼ばれパーティなら、尚更です。

でも…

バストにイマイチ自信が持てない。

胸が大きく開いたドレスを着たいけど、ノーブラはちょっと…

そんな時に持っていると重宝するのが【コルセット】です!

コルセットって、あのぎゅうぎゅうしめつける、編み上げの苦しそうなアレ?

その通り!

パーティドレスなどで肩が出るようなドレスだと、肩ひもなしでも着けられる完全なコルセットタイプが必須。

最近のものにはフィット感があって、紐でキツキツに締め上げなくても、ほどよい締め上げで安定させることが出来るタイプのものもありますから、そんなに苦しく感じる事もないのではないかと。

また、バストアップコルセットと呼ばれるものもたくさん流通しています。

肩ひもが肩口までひろがっているので、開きの大きいファッションでも安心なタイプ。ブラと重ね着しても大丈夫なように、絵バストの下から腹部にかけて包み込むタンクトップのようなつくりのものが主流です。ブラがはみださない程度の開きの服なら、着用可能です。

また、スタイルをスッキリ見せつつバストアップを即座に出来る優れものが【コルセットタイプ】の下着なので、露出がない服装でも、下からつけていると同じファッションでも着こなしがまったく違ってきます。

バストをぐいっと持ち上げるだけで、バストが大きく見えます。スタイルはもちろん、ファッションのイメージも変わりますから、勝負時に必要なアイテムとして1着所有していても損はありません。

しかも、日常生活の中にコルセットタイプの下着を取り入れると、だんだんと身体がそのスタイルを形状記憶しはじめるので、脱いでもキレイなスタイルに近づく事が出来るのがこのタイプの下着の魅力。

それには正しい着用の仕方を知る必要はありますが、ブラの付け方と同じく、バストにお肉を寄せる方法なので、難しくはありません。また、着用方法をしっかりと守ると、着けたその瞬間から、バストが1〜2サイズアップすることだって珍しくありません。

裏を返せば、逃げているバストのお肉がそれだけあるということですから、バストケアを丁寧行えば、バストアップの可能性はほぼ100%!

日頃からバストアップのエクササイズやマッサージなどに余念がない人なら、相乗効果が期待出来るのでかなりオススメの逸品です。

しかし、一方で締め付けが他の下着よりも強いので、12時間以上の着用は避けましょう。特に、就寝時は血流やリンパの流れをよくして身体をリセットしたい時なので、絶対に着用しないで下さい。

就寝時にバストが流れるのが気になる人は、ナイト用のバストブラを使用しましょう。締め付け感がないうえ、ホールド力が計算されてつくられているので、快適な就寝バストライフにできます。

コルセットは即効性のある下着であると同時に、補正下着としての能力も高い優れもの。

正しく使用して、魅惑のバストとスタイルをあなたのものにしちゃいましょう!

低周波でのバストアップってどんなカンジなの?本当に効果はあるの?

一般人でも手に出来るバストアップの機器にもさまざまな種類のものがあります。

目立つものだと、ローラータイプのものや吸引タイプ、低周波発生タイプのものがありますが、その中でも関心が高い・人気のあるアイテムは低周波を利用したバストアップ機器。

低周波を利用した機器は、バストアップ以外にも肩凝りマッサージ機やフェイス用に開発されたリフトアップ&美肌づくりのための美容機器がありますね。

「そんなにいろんなものにつかわれているっていうことは、それだけ効果があるってことなの?」

気になりますね。

低周波でのバストアップは、微弱な電流を送り込むことで電流を与えた筋肉が収縮を起こします。その収縮による動きによってリンパや血流がよくなり、女性ホルモンの分泌もスムーズン行われるようになって、バストアップを促すというものです。

また、リンパや血流の流れがよくなったことで老廃物を排出する機能も活発になりますから、肌に弾力やハリをもたらせる効果も期待出来るため、美肌づくりにも一役買っています。

低周波以外にも、バストアップ効果のあるエクササイズやマッサージなども取り入れると、より早く効果を実感出来る可能性もあります。

しかし、そんな素晴らしいアイテムに思える低周波機器ですが、今のところ、はっきりとした安全性が確認されていないのが現状です。

一般販売機器にも低周波発生型のバストケア用品は流通していますが、使用方法が的確でないと効果が薄れたり、過剰な使用で何らかのトラブルが発生しないとも限りません。

本来なら、美容外科クリニックやエステサロンなどの専門家や専門スタッフに相談しながら施術してもらったり、機器を使用したりするのがもっとも安全だといえるでしょう。

どうしても自己流で行う場合には、取扱説明書などをじっくりと読んで、正しい使用方法で、注意をしながら使用していくことが大切になります。

美しいバストを手に入れることも、女性としてはとても大切なことですが、くれぐれも安全な使用を心掛けて下さい。

豊胸手術を本気で考え始めたら!絶対に知っておいたほうがいい知識

やっぱり豊胸手術をしようと決断。

「よし、クリニックに行こう!」

ちょっと待って!きちんと豊胸手術について調べましたか?

「調べるって何を?」

と思ったアナタ。豊胸手術は考えているほど手軽ではありません。病気でないにしろ、手術は手術です。最低限、知っておいたほうがいいことはあります。せっかくなので、ここで知っておいたほうがいいことをお話しましょう。

①術法

いくつかありますが、おおまかに分けると3種類になります。【シリコンなどのインプラント挿入法】【ヒアルロン酸注入法】【脂肪注入法】がその代表となります。

②金額

シリコンなどのインプラント挿入:70万円以上100万円以下程度。

ヒアルロン酸注入:160万円以上300万円以下。

脂肪注入:75万円以上150万円以下。

かなり大雑把な記載ですが、各クリニックによって差があり、キャンペーンなどで格安設定になることもあるので、一概にはいえません。気になるクリニック等には直接問い合わせてみるのが無難です。

また、アフターケア料金が含まれているのか、別料金なのかも確認しておく必要があります。

③リスク

シリコンなどのインプラントは、異物を体内に入れるわけですから、拒絶反応によってインプラント周辺に膜が張ってしまって硬いバストになってしまったり、入れる位置によってはずれてしまって、バストの形がいびつになってしまうこともあります。

ヒアルロン酸注入は、体内にある成分なので身体には安全なものですが、3ヶ月程度で半分以上が体内に吸収されるため、こまめなケアが必要になりますから、金銭面で負担が大きいです。

脂肪注入は、自身の脂肪なので安全性が高く、ヒアルロン酸ほどは体内に吸収される量もないのですが、5ヶ月程度で30%くらいの脂肪は吸収されます。シリコンバックよりも安全でヒアルロン酸よりも維持力はありますが、術後のサイズを維持するのは難しいので、維持したいのならメンテナンスは不可欠です。

④保険は適用されるのか

医療行為ではないので保険は適用外の手術となります。

⑤シリコンバックについて

数年後や十数年後に、バストの違和感や形の変形などが気になった、精神的にキツく感じるようになったなどの場合、シリコンバックを取り除くことは可能です。破損時も同様です。

ちなみに破損しても、すぐに人体に何らかの影響があるわけではありません。でも、やっぱり破損した場合はすぐに除去したいのが人間の心理でしょう。

また、シリコンの場合は乳がんを検査するマンモグラフィーが受けられない場合があります。総合病院は断られると思っていいでしょう。産婦人科の場合はエコーで対応してくれる場合があります。

⑥失敗談

傷跡やしこりなどが残るケースや、仕上がりが納得いかなくても、修正をしてもらえません。生身の身体に行うことなので、予測出来ないことが起こって当然だからです。

⑦カウンセリング〜手術までの流れ、手術後のケアについて

カウンセリング後、どのようにして手術に移行していくのか。また、手術後はどのようにケアをしてもらえるのかは、ぜひ事前に予備知識を備えておき、カウンセリング時に気になるところはドンドン質問しましょう。

他にも、よく目にしたり耳にしたりするような専門用語は簡単におさらいはしておいたほうが、冷静に話を聞くことができますから、覚えられなくても、ひととおり認識しておくことをお薦めします。

危険度の低い豊胸手術といえど、一生に関わる、たったひとつの身体のことです。慎重に事を進められるようにしておくのが1番です。

脂肪を利用してバストアップ!脂肪幹細胞注入で出来る自然な豊胸手術

女性の悩みの種といえば…

「余計な脂肪」

「小さなバスト」

いろいろある中でも、この悩みを抱えている人は多いもの。両方で悩んでいる人だって少なくありません。

この2つの悩みを同時に解消することは、やりかたによっては十分可能です。

もちろん、ダイエットやエクササイズで時間をかけながらやることも出来ますが…

「すぐにキレイになりたいの!お金掛かってもいいから、こんな悩みと今すぐさよならしたい!」

何らかの事情があったり、精神的に追いつめられるほど悩んだ場合、こんなふうに考えている女性だっているものです。

こちらでこれからお話しするのは、即効性のある【豊胸術】による方法です。

豊胸術にもいろいろな施術法はありますが、ダイエットもバストアップも叶えたい人の場合にオススメするのは、自身の脂肪を利用した豊胸術。

なかでも最近人気なのが【脂肪幹細胞注入法】による手術。

この方法での豊胸の場合、自身の気になる部位から脂肪を吸引し、その吸引した脂肪から脂肪幹細胞を摘出して脂肪と一緒にバストに注入します。自身の脂肪を利用した上、脂肪幹細胞も同時に注入しているため、定着率が高いのが他の施術法よりも優れた点でしょう。もちろん、定着率が高いので、持続性もあります。

また、二の腕や太腿、ふくらはぎなどの気になる部位から脂肪を取り出してもらえるので、スタイルもすっきりさせられるのが、脂肪による豊胸の最大のメリットでしょう。

自分自身の脂肪を利用するので、違和感や後遺症の心配もほとんどありませんから、安全性の面でも優れています。

手術時間は約1時間で、カウンセリングを受けて当日に、すぐ手術を受けられるというのがほとんどです。

麻酔も硬膜外麻酔や局所麻酔なので、全身麻酔の必要な施術方法よりも安全です。

この施術方法の場合、抜糸はありません。ガーゼの取替や経過観察のための通院に1週間程度必要ですが、入院の必要もありません。

クリニックによっては、この手法にさらに独自の開発を加えてより定着率や安全性を高めているところもありますので、この手法に取り組んでいるクリニックのHPで調べたり、資料請求が出来るのなら取り寄せてから検討してみるのもいいでしょう。

施術後、2週間程度は腫れや内出血、鈍い痛みはありますし、洗髪やシャワー、入浴が許可されるまでの日数や飲酒、スポーツや胸部への強いマッサージなどにも、許可される日数があります。

施術前に説明はされますが、カウンセリングでクリニックに足を運ぶ前に、最低限として知っておいてから出向くことで、より安心して説明を受けることが出来ます。

また、豊胸術の場合はもし定着しなかったり、定着したものが少なかった場合、さらに施術してもらう必要も出てきますから、そのことについてもしっかりと説明を受けましょう。

即効性のあるスタイル改善が魅力的な【脂肪幹細胞注入】による豊胸手術ですが、たったひとつのアナタの身体を変化させるのですから、きちんと考え、納得した上で決めて下さいね。

キレイに痩せよう!ダイエットをしてたって大きなバストはそのまま!

ぽっちゃりさんがダイエットで悩むのは、痩せる時に胸から脂肪が落ちちゃうこと。特に、減らしたい体重量が大きければ大きいほど、その問題に直面します。

女性ですもの、豊かなバストはそのままでキレイに痩せたいですよね。

ですから、無理に食事を極限に減らしての過酷なダイエットは絶対に禁物です。

ここではバストを保ちながら、キレイに細くなるためのコツを話していきましょう。

まず、どんなに体重を減らしたくても、2週間で2キロ以上減らすのは危険です。

3キロ以上痩せるとわかりやすくて喜ぶ人も多いのですが、ここは我慢。極端に体重を落とすと、バストから痩せる原因になりますし、何より、皮膚の戻りがついていかないので、最終的にたるみとして残り、老人のような垂れた皮膚を生み出してしまうからです。美しく痩せたいのなら、極度の体重減はNGです。健康上もよくありません。

また、ここで知っておいて欲しいのは体重=スタイルではないということ。

ものすごく細くて体重の軽い女性の場合、も子供体型で悩んでいる人もいます。

女性らしいラインでいわゆる「ボン、キュ、ボン」なのに、全身はすらりとしている女性の体重が以外にあったり。

つまり、お肉がどこについているかも、美スタイルには不可欠。細ければ美スタイルということではないのです。

ツンっと上がった胸や丸みを帯びつつもキュッと引き締まったお尻についているのは、ぜーんぶ脂肪。女性がこぞって嫌がる、あのお肉ちゃんたちです。

不思議なことに、このお肉ちゃんたちは胸に集まると非常に歓迎されます。

「でも、ダイエットってバストから落ちちゃうし…どうしたらいいの?」

大丈夫。きちんとした方法で行えば、ダイエットもできて、女性らしいバストも残せます。

まず、ダイエットは食事制限というよりはデトックスを優先すること。トイレに行って戻ったら、水分補給を必ずする。一度でなくていいので、次のトイレまでに180ml〜200mlのお水を身体に入れましょう。

勢いのよい排尿が出来るようになれば、デトックスが上手な身体になり始めた証拠です。飲んだ水分の2倍くらい出るのがデトックス状態ですが、排尿時にすっきり感がある勢いであれば、ほぼ間違いないでしょう。

また、完全に状態になるには2週間〜1ヶ月くらいが目安なのですが、頻尿な人は2〜3ヶ月くらい掛かることもありますが、今後の生活習慣にする必要があるので、気長に続けていきましょう。

水分補給は水が基本。お茶やハーブティーはOKですが、紅茶や珈琲は1日1〜2杯までにして下さい。過剰摂取は胃を痛めたりするなど、健康上よくありません。

また、最初の2週間は菓子類や油物は控えること。どうしても味があるものが欲しくなった時に、紅茶や珈琲を無糖・無乳で口にするのもいい方法です。

白米やパン、麺類も控えましょう。どうしても欲しいときは、白米を2〜3口分くらいの量を食べます。

そして。

同時に行いたいのが、バストケア。

人肌より温かいホットタオルで数回、バストを温めてから凝り固まった乳腺をほぐすように優しくマッサージしたり、バストアップエクササイズを行うといいでしょう。全身の脂肪をバストに集めるタイプのマッサージを取り入れると、皮膚の張りを取り戻すことにも繋がりますので、ダイエット後の皮膚のたるみを軽減することにも繋がります。

就寝時には専用のバストアップ下着も流通してますから、ぜひ活用しましょう。

文章だと長いですが、実践すると、以外と簡単。ダイエットとバストアップを同時したいのなら、チャレンジあるのみ!

バストアップも出来ちゃう!肩甲骨をほぐしてなれちゃうスタイル美人

なになに?バストアップがしたい?

そんなあなたに質問です。

あなたは猫背or姿勢が悪いといわれますか?

デスクワークが多かったり、運動不足をしてますか?

肩凝りがありますか?

ひとつでもあてはまるのなら、真っ先にやるべきことは、肩甲骨をほぐすことです。

「あの〜、姿勢を良くしたいんじゃなくて、バストアップをしたいんですけど…」

わかっています。だからこそ、肩甲骨が重要なのです。

肩甲骨というと、バストには直接関連しない感じがするかもしれませんが───大有りです!

基本的に、身体の凝りは美しいスタイルを作り出すにはかなりの邪魔者。

特に肩甲骨の凝りの場合、バストを始めとする女性のスタイルの対する悩みの元凶のひとつとなっている可能性が高いのです。

肩甲骨が凝っているということは、筋肉か同率が低いということですから、もちろん、筋力が低下している状態です。

この状況は腹筋にも影響します。背中が丸まることで腹筋は身体を真っ直ぐに支える力を必要としなくなるため、腹筋も低下します。この状態が慢性化したのが《猫背》。

猫背になると、背中が大きく開き、胸部が縮こまった状態になります。すると、バストに納まる脂肪の量も限られてきます。あぶれたお肉ちゃんたちは、落ち着き先を探して移動し、広い背中や二の腕に流れちゃいます。これが、小さなバストとぽちゃぽちゃ体型を作り出すのです。

また、肩甲骨の凝りが作り出すこの状況は、全身の新陳代謝率を低下させるため、老廃物を身体に溜め込み、冷えやすい身体を作ります。冷えもまた、バストの成長を妨げる天敵。

つまり、肩甲骨の凝りこそ、小さなバストの原因のひとつなのです。

遺伝だと思っていたアナタ!そんな間違った固定観念は捨てて下さい。

お母サンがちっちゃいバストちゃんでも、娘サンがおっきいバストちゃんな家系は、この世にたくさんあります!

肩甲骨をほぐす動き自体は、決して難しいものではありません。

肩を限界まで上方に引き上げて、背中の中央に向かって両肘を引くようにして回すだけ。この時に、背中の中央に集まるお肉ちゃんたちを意識しましょう。これらのほとんどが、バストに戻してあげる必要がある脂肪です。

この動きが出来たら、今度は前方に向けて肩を回します。ボートのオールを回すように動かしますが、後方にもしっかりと腕を回し、この時にも背中のお肉ちゃんたちが集まっていることを確認しながら動かします。

コツは、絶対に速く動かさないこと。ゆっくりと丁寧に動かすことで、バストに戻すための柔らかい状態が保たれます。筋肉は速く動かすと緊張状態になり、硬い筋肉を作り上げてしますので、レスラーのような立派な背中になってしまいます。気をつけましょう。

1セット7〜10回を2〜3セットで1回として、1日最低2回程度おこなうだけでも効果を感じられる人が多いです。

肩甲骨をほぐすこの動きは、大胸筋も動かすので、ツンと上向きのバストアップへ近づくことが出来ます。また、肩凝りや背中の凝りがほぐれることで新陳代謝率が上がるのでダイエット効果も得られ、大きく肩甲骨を動かす動作は、二の腕の引き締めにも繋がります。

バストアップマッサージなど行っている人も、この肩甲骨をほぐすエクササイズを取り入れると、ほっそりラインに女性らしい豊かなバストという、理想的なスタイル美人に近づけますよ。お金も掛からないし、時間の合間に出来る程度のものなので、スタイル美人を目指すなら、ぜひお試し下さい。